komon 柄の由来 青海波


AWASAKAが4月に発表した新ブランドThe modern Japanism。

komonシリーズはその時、同時に発表された新シリーズです。

komonという名前は和小紋にちなんでつけられています。

昔から歴史のある和小紋を現代風にリメイクして器にしました。

なので、AWASAKAの和小紋はオリジナルの柄になっていて、

少し変わっているんです。

全部で5柄ありますが、一つ一つ丁寧に柄の説明を書いていきたいと思います。

今日は青海波についてです。

青海波(セイカイハ)

どこまでも広がる大海原と、

絶えず繰り返される穏やかな波のように、

平穏な暮らしがいつまでも続くように、

という願いを込めた吉祥文様です。

青海波という名前は、

源氏物語にも登場する雅楽の舞曲の名前から

付けられたとも言われています。

家内安全・家庭円満というような意味があるそうです。

AWASAKAの青海波は

波の模様一つ一つをドットで描いています。

さらに、ドットの大きさも大きいものから小さいものへと並んでいて、

少し離れて見るとグラデーションがかかったように見えるんですね。

特に丼などの外面の模様は綺麗ですよ。

そんな青海波の模様の器はこちら

どうぞご覧くださいね。

#器のお話

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示
PROBOX_logo.png
  • Facebook
  • Instagram