• グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーPinterestのアイコン

TEL : 0572-67-1228  FAX : 0572-67-0216  e-mail : awachawan@awasaka.com

 © 2019 AWASAKA inc.

窯変マジック

April 19, 2017

こんにちは。

 

いつもAWASAKAをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

さてさて、今日は器のお話です。

 

陶磁器業界の専門用語に「窯変」という言葉があります。

 

今日はそのお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一口に陶磁器といっても

 

本当にいろんなタイプの器があります。

 

 

 

 

 

 

ですが、陶磁器の多くは

 

土をこねて整形したものに釉薬をかけて焼き上げたものです。

 

 

 

 

 

 

今日のお話、「窯変」はこの釉薬に深く関わってくるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

釉薬をかけて窯に入れた陶磁器が、

 

窯の中で焼きあがるにしたがって、色が変わることがあります。

 

釉薬の原料は主には灰などですが、

 

当然、窯の中にも灰はありますね。

 

窯の中でそういった灰と結びついて化学変化を起こし、

 

作り手が予期しない色が出ることがあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、釉薬の成分だけでなく、

 

窯の温度や土の成分によっても窯変は起きます。

 

同じ温度設定でも、その日の湿度で窯の内部の環境は変化しますし、

 

同じ土であっても、作った日によって微妙に成分が違うものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな非常に繊細な条件のもと、

 

作り手の予期せぬ変化が偶然にも起きた!

 

そして、それがとっても綺麗でもう2度とできない!

 

 

 

 

 

 

 

焼き物というのは、本来はそういう繊細さ極まるものなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

黒い色を出したいと思って塗った釉薬も

 

ダークグリーンに変色していたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金属っぽいチカチカっと光るような色になっていたり、

 

また、ダークブラウンになったり、

 

釉薬が流れた表情が強く出たり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ商品であっても

 

一点一点微妙に違っていて面白い。

 

 

 

 

 

 

 

AWASAKAでは窯変が出やすい商品に関しては

 

その旨を記載した栞を、商品BOXに同梱しております。

 

お客様には何卒、ご理解のほど、

 

お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

NEWカタログのご案内

June 13, 2019

1/7
Please reload

最新記事

January 9, 2019

Please reload

アーカイブ