top of page
IMG_3689.JPG

Hand made

陶器をメインとしたブランド「Seifu」

美濃で活躍する陶芸作家の逸品は、私たちの心を魅了する。

​陶器とともに、暮らす、育む、生きていく。

tabataIM2.jpg

​SHIGEMICHI TABATA

金昇窯 田端繫道

伝統を守りながら独自の作風を追求

​土岐市にて初代金也「金昇窯」を築窯し、二代目繫道家業を従事すること40年超。数々のグループ展を開き、伝統を守りながらも独自の作風を追求した多くの作品を世に送り出している。窯への情熱とこだわりは、永く積み重ねてきた想いとともに作品に宿る。土の素材の生命感と独創的な造形精神がみなぎる田端の陶芸はこれからも多くの人を魅了する。

Carving cup

Earth carving cup
​Specially technique

永くともにある想い。

積み重ねてきた想い。

​ソギのおかげで持ちやすく手に馴染みます。信頼できる職人の技から完成された、技術の匠の結晶です。

2024.1.9カービングカップ_1.jpg

​製造現場の風景

IMG_2128.JPG

裏印を押しています

IMG_2134.JPG

​窯焼成を待ちます

Metal Color

Metal Color
​Spraying Maister

職人技による幾度もの工程を経て造り上げられた最高傑作がここに生まれました。
​吹き付けの技術による煌きと重厚さは見た目にも美しく、上品さと共に使いやすさも追及された誠実な作品です。

mt_IM48.jpg
metal_fuki1.jpg
2024.1.9メタルカラー_1.jpg

Unofu gold
​blue and white

色釉薬と金彩のコントラストが美しい、
職人の手作業で創られたうのふ金彩シリーズ。
手にもなじみやすいフォルムで日常使いにも
​贈り物にも喜ばれる逸品です。

1-2.jpg
unofukinsai-1_POP.jpg
unf_IM2.jpg

​うのふ金彩

金銀流し

tabtaIM1.jpg

Gold and Silver
glaze by hand

金と銀の釉薬は、すべて手酌掛けで行っています。
一つ一つ違った表情を魅せてくれる、あなただけの金銀流しで今夜の晩酌はいかがですか?
薄造りにこだわり、ビールの泡立ちや、氷を入れたときのカランコロンと鳴る耳心地の良さもお楽しみください。

2023.02.13 金銀流し ほろ酔いカップ 4つ.jpg
kinginnagashi_POP_page-0001.jpg

二層構造温冷カップ

Two layer structure
cup keeps you hot and cold

特殊な技術により、陶器の二層構造を実現!
保温・保冷に優れたカップはトール・ロックの2サイズ。
艶のあるカラーと、手にも持ちやすいつるっとした質感はいつでも使いたくなる逸品です。木箱入りなので、贈り物にも喜ばれています。

03.JPG
二層構造POP1枚.png

飲み頃をキープする中空断熱構造

温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままをキープ。結露せずにテーブルを濡らす心配も少なく、在宅ワークや読書の時間にもおすすめです。

二層構造説明-修正.jpg
COLD.jpg

COOL

HOT.jpg

HOT

​かいらぎ泡立ちカップ

Kairagi beer cup
​stylish shape blue and white

​釉薬と窯焼成での化学反応で現れる鉄粉、貫入の味わいをトルコブルーやホワイトのシンプルカラーと共に楽しむ趣あるカップ。長年愛され続けているアワサカ定番のアイテムです。持ちやすさや飲みやすさはもちろんのこと、カップ内側の土感ある凹凸がビールの泡立ちを良くしてくれるのも魅力の一つです。

7-1658IM.jpg
かいらぎ泡立ちPOP_1枚.jpg
7-1658IM (3).jpg
kz_IMkezuri.jpg

Craft Keizan

桂山窯 和田和文監修の器

今もなお進化し続ける伝統技法

初代和田桂次郎開窯以来、九十有余年、恵まれた美濃の風土のもと、食器や工芸品、茶道具等を伝承技法のもと制作している。素朴なまでの土の風合い、自然の豊かさをそのまま生かした力強さが魅力的。型にはまらないその技法は、受け継がれた伝統と新しき発想でカタチとなる。人の手で作られたものは手馴染みがよく。長年使うことで愛着が増していく様をぜひ体感してみませんか。

​腹八分杯

Life in moderation.
A cup overflowing from the bottom.

八合医者いらずともいわれる腹八分目を意識した、楽しくほろ酔い、そして身体にも気を遣いながらお酒を嗜む盃です。お酒を注ぎ入れて、ある一定量を超えると、中に入っていたすべてのお酒が下にこぼ落ちてしまう遊び心ある仕掛けの杯です。

hh_IM9.jpg

※注意:入れすぎると、底からこぼれます!
​    敢えてこぼれる仕組みの、楽しい盃です。

hh_POP.jpg
八分_内側.jpg

からくりの仕組み

およそ八分目前までは普通の杯と同じように酒を注げますが、それを超えるとサイフォンの原理で底の穴から酒がすべて流れ出てしまいます。
商品は一つひとつ手づくりによるものですので、多少の寸法・色・雰囲気の違いが生じます。ご了承下さい。

 

外側の穴

内側の穴

汽車土瓶

※2024年10月1日以降発売予定

New yet familiar.
A bottle meant for sharing, like a train ride for two

汽車土瓶とは、明治時代から始まり1950年代ごろまで販売されていたお茶を入れて楽しむ為に生まれた入れ物のこと。昔から愛された焼き物で、鈍行列車の旅を感じさせるレトロなアイテムが現代にやってきました。土瓶のフタは盃としても使える万能さ。二人でしっぽり酌み交わすことも出来て楽しいひと時を過ごせます。収納にも優れており、フタをしてその上から盃を被せればスッキリ収納も出来て場所も取りません。

kd_IM1.jpg
kd_IM6.jpg
kd_IM4.jpg

​Keizan GIFT

Made by hand from scratch

型にはまらない、一からの手仕事で完成される作品たち。手で作られたものは、使う人の手によく馴染みます。受け継がれた伝統と、新たな技術を組み合わせた匠の技で出来上がったカップを是非手にしてみませんか?

ぐい呑み珍味

ハンギングボール

The way you use it is up to you

陶器土の温もり、ハンドメイドでしか出せない手作り感は、手作りならではの魅力。ころんと丸いフォルが思わず心をくすぐる可愛らしさ。プランターとしてはもちろん、鳥かごやキャンドルを入れてみたり、食器として料理を盛り付ければ、特別感あふれる演出も出来ます。

hg_IM48-nisai.jpg
hg_IM48-2.jpg

Climbing

人生一歩ずつから。

クライミングをしている人を
イメージした、遊びごころのあるシリーズです。
プレートやカップは職人の手により、1つ1つ丁寧に
造りあげられています。
時間をかけて造りあげられるカップやプレートは
​手造りならではのあたたかみがあります。

climbimg.jpg

“Step by step in life”

mt_IM.jpg

Maruya Torazawa

​丸矢虎沢

​手や布の質感はこだわりの証

受け継がれてきた「たたらづくり」の製法により、好きな形、厚さ、質感を自在に形を表現できる丸矢製陶。モチーフそのものらしさを大切に、手作業で一つ一つ丁寧に作られている。型や型紙はもちろん、塗料や筆入れ、細かな刻印まで道具も全て一から手作りされており、繊細で自由な表現が可能で強味となる。

​お野菜珍味

sf_IMkezuri.jpg

Yoji Sone

祥風窯 曽根洋二

伝承の進化と、一つ一つの手業

「伝統とは、カタチをそのまま受け継ぐのではなく、その時代に合わせて伝承していくこと」-

この想いを持ちながら、使い手のことを考えた商品を開発、製造している。千段は、土の中の水分を均等にし、空気を抜く作業「ねり」で育成した生地を生乾きの状態でロクロ台にのせて回転させ、最後に専用の工具を使い、一つひとつ丹念に削る、集中・忍耐の必要な大切な技である。研ぎ澄まされた時間と、その作られた背景を感じて手にすると、より美味しく感じる器になるでしょう。

​千段

sd_IM.jpg
2.jpg

a la carte

Sake item

シンシャ・グレーズ

抹茶盌

1点ずつ手作業で、繊細かつ丹念に創られた抹茶碗は目で見て、手で触れて堪能できるまさに用の美の逸品です。手作りだからこそ生み出せる、手になじみやすい形で持ちやすい。季節に合わせてお使い頂けたらお茶の席をいっそう華やかに演出してくれます。

03.jpg

リボン付き木箱入り

―大切な人への贈り物には、
  プレゼント仕様のギフト箱で。

―普段使いとして欲しい場合は、
​  簡易箱入りでお買い求めいただけます。

01.jpg
08.jpg

木箱

09.jpg

簡易箱

木箱入

貼箱入

古窯 マルチカップ

民芸の里

​ビッグマグ

MY BOWL

bottom of page