top of page

まさかこんなに〇〇とは...(-"-)
























以前イギリス人のホストマザーに

「あなたは子供服のサイズで充分よ。絶対買うなら子供服よ。」


と、言われ子供服売り場へ👣


とはいえ、私は成人よ!なんてことを思いながらしぶしぶ足を運ぶ


やはりホストマザー ホストマザーの言うことは大当たり

子供サイズでピッタリ


この時ばかりは無地のシンプルなセーターを一枚購入

ちなみにその後は、成人の小さいサイズでピッタリと言う事が判明😆よかった





随分たってから、友人とニューヨークへ旅行へ行くことに ✈✈✈


目的は、本場のミュージカル、現地しかないお店へショッピング、現地の食事 などなど。

皆さんと同じような目的をもっていざアメリカへ


想定内の問題発生💢


1.タクシーにぼったくられる


「さっき言った値段と違うじゃん!ぼったくってるよね!」


と言えど、聞いてもらえず。


2.当然のことながらホテルの予約が入ってない


フロントで「なんでやねん!旅行会社に問い合わせてくれぇ」

などと揉め、2時間あまりロビーに待機。

いざホテルにチェックイン


3.地下鉄で電車の乗り違い


などなど色々と問題は発生しましたが、日常とは違うカルチャーに触れ楽しい時間が過ぎ去った


最終日、アメリカしかない洋服屋さんへジーンズを購入すると意気込んで入店。


当然😤成人部門へ

小さいサイズ、小さいサイズとうろうろ

数本のジーンズを片手にフィッティングルームに入る


ウエストはいるかなぁ...


なんて思いながら試着してみると、ウエストなんて問題外。丈よ!丈!


ジーンズをはいた自分のすがたが吉良上野介になっている。

あの廊下の刀傷事件の場面が脳裏に


なんだ、なんだ、アメリカ人の足の長さは!


随分なあまり布が床に


あかん、あかん、これは子供服売り場に行かなければと、そそくさ他の試着用のジーンズはほおり投げるように子供服売り場へ👣


子供服売り場では、ジーンズのサイズが long, medium, shortでわかれていた。



「私は大人、当然 ロングサイズよね。」

と、余裕丸出しでフィッティングルームへ


「いやだぁ、まだ吉良上野介じゃん!」



だったら、ミディアムよね、絶対次はいける


いやぁぁぁ、まだ裾上げしなきゃいけないじゃん なになになに?????



もぉーショートしかないじゃん


最終的におさまったのはショート( ;∀;)


いやだわ、こんなにあたしって小さいのね


と実感させられた出来事でした。


もうすぐ6月16日は父の日。


男性好みのスタイリッシュなカップをご用意しています。

ぜひ、父の日の贈り物にいかがですか?




こちらも 大、中、小


・泡立ちカップ

・ロックカップ

・ほろ酔いカップ


と、大きさ様々取り揃えています。



黒生地に金、銀の釉薬が大胆、繊細に流れ男性的な力強い印象のカップとなっています。


お酒を傾けながら日頃の感謝を伝えてみませんか?






ではでは、


see you soon☺










閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page